開発事業・廃棄物処理コンサルタント

碓井プランニング 3つのポイント

民間事業を主体に

 弊社は創業以来、地域開発事業や廃棄物処理業における民間事業のコンサルティングに尽力してまいりました。民間事業は、公共事業のように予算が当てられることもなければ、いつ仕事がやってくるかもわからないうえに、仕事の依頼があっても様々な要因に作用され、最後までその仕事が成し遂げられない場合もあるため、非常に不安定な仕事といえるでしょう。

 しかしながら、民間事業には公共事業にない面白さがあります。それはお客様とのセッションです。目的を達成するまでの過程で、お客様とともに様々な壁を乗り越え、許認可を取得し事業を開始することができたときに味わう喜びや達成感は格別です。
 弊社は、そのような血の通った仕事に熱い思いをもったメンバーが集まった会社です。

民間事業の難しさ

 公共事業は、予算や規格といった仕様がある程度確定されており、それに見合った事業が行われます。また工事場所は指定されており、測量や設計、工事はそれぞれの分野の専門によって進められます。

 対して民間事業では、工事場所の選定から土地の調査、測量、設計、申請にいたるまですべてを一貫して行います。ひとつとして同じ現場はなく、現場が100あれば進め方も100通りです。それに対応するために最も重要なのが経験とノウハウです。弊社は長年民間事業を主に、多種多様な現場での許認可を取得し、豊富な経験と確かな技術を培ってまいりました。

昨今の絡み合う法律

 民間事業に取り組むにあたり落とし穴となりかねないのが、主となる申請に付随して絡んでくる法律です。ひとつの申請が完璧でも、他法令の不十分な調査によって開発行為そのものが中止になってしまう、ということがありえるのです。申請者となる事業者には、申請にかかわる法令を網羅し把握する責任があるといえます。とはいえ、日々増え続け厳しさを増す法律にすべて対応していくことは非常に難しいものがあります。それゆえに、幅広い知識と経験のあるコンサルタントに委託するということは、事業者の方にとっては最重要事項といっても過言ではないでしょう。

 


ホーム 企業情報 民間事業 調査業務 公共事業 お問い合わせ